研究活動

10月21日(水) 体育 1年 「無限鬼ごっこ」

 本実践では,体育に内在する算数的な要素を取り上げて注目させることで,体育の学びがより深まることをねらいとして授業を行いました。『無限鬼ごっこ』とは,円形のコート内に“鬼4人と逃げ4人”が入り,鬼にタッチされたらコートの外へ出て交代していくというオリジナルの鬼遊びです。

 本時では,「鬼と逃げの人数を変更してもよい」という設定を行うことで,数的同数から数的優位にする場合の,より適切な数は何なのかを考えていきました。

 子どもたちはたくさんの案を発表し,その中から“鬼2人逃げ4人”でゲームを行ってみました。すると鬼がなかなか捕まえられず逃げがかなり優位になる状況になりました。

 最終的には“鬼3人逃げ5人”という考えに,子どもたちは,たどり着きました。
この授業では,鬼ごっこを楽しみながら,ゲームにおける人数の重要性を学習していきました。

 

関連する研究活動