研究活動

10月17日(木)国語科「一つの花」

 国語の文学的作品の読みでは、初発の感想(初めて読んだ時に生じた問いや感想)をもとに単元構想をつくりますが、授業が進み、子どもたちの読みが深まってくると、初めに抱いた問いが、質的に変化していきます。その変化に柔軟に対応しながら、授業をつくっていくこと。これが、子どもたちと「ともに」問いを共有し、授業を「つくる」ことになる、というのが、B授業としての提案でした。

 本時では、本文から読み取ったことをもとに「お父さんが、ゆみ子に渡した1輪のコスモス」の意味について話し合いました。

 国語部の提案として、「どのような支援が有効なのか」「全体の読みを深めるためには、どのように考えを共有していけばいいのか」討議がなされました。

   

関連する研究活動