保護者専用

幸せな時間

 子供たちにとって楽しみな時間の一つが,給食の時間です。毎日,3時間目が終わったあたりから(中にはそれよりも早い時間に・・・)「先生,おなかすいたよー!!」と話す子供がいます。今日はご飯かな,おかわりができるかな,苦手な食べ物が出る日だ,など,給食の時間をドキドキわくわくしながら待っているようです。

 4時間目が終わると,早速給食の準備です。まずは,除菌・手洗いを済ませ,素早くエプロンに着替えます。感染対策を万全にとるということで,お喋りは極力しません。用意ができると,自分で食器や食缶を取りに行きます。これまでは,調理員さんに運んでいただいていましたが,3年生からは自分で運びます。4月当初は,それぞれの食缶が重くて運ぶのに少し時間がかかることもありましたが,今では上手に運ぶことができます。次に配膳です。ロイロノートに配信される「今日の給食」の写真を見ながら,どの食器にどれだけ配膳するのかを確かめます。まだまだ完璧とは言えませんが,こぼさずによそったり,食缶に残らないように上手に分けて配膳することができるようになってきています。そして,1番のお楽しみ「いただきます」の時間です。今日は,和風焼きそばに黒糖パン,オクラの甘酢和えにオレンジといったメニューでした。黙食をしていますが,具材を確かめてよく味わいながら食べたり,しっかりと噛んで食べたりしています。声には出して「おいしい!」と,今は言えませんが,ほっとしたような,ニコニコしながら食べている様子から,おいしく味わいながら食べているのだなと感じています。最後は,片付けです。パン袋にゴミを詰めてできるだけ小さくたたんで捨てるようにしています。ゴミの量が少なくなると,片付けてくださる人たちも助かるし,環境にも良いです。これからもこの習慣は大切にしてほしいものです。

 これからも,感染対策を十分にとりながら,給食の時間を過ごしてほしいと考えています。

 

追記

明日は通学班活動があります。今年度初めての通学班活動ですので,遅れると活動場所がわからなくなります。8時40分までには用意が終えられるように,早めに登校させてください。よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連する記事